最も身近な存在

飲料水の危険度と安心できる水についての考察

最近は色々な事に関する安全性が話題になっています。
特によく耳にするのは食の安全性についてです。
それに関連して、水の安全性に気を使うような人が増えています。

これまでの日本では、毎日の食事の時に使う水といえば水道水が当たり前でした。
水道水以外の水を使うという選択肢はありませんでしたし、水道水で十分だと思っていた方も多いです。
しかし、現在ではミネラルウォーターなどのキレイな水を購入することができるようになりました。

依然として、家庭での水の中心は水道水であることが多いのですが、中には飲水や料理に使う水を全てミネラルウォーターにしている家庭もあるようです。
これは、どうしてなのかといえば、水道水には危険性があるのではないかと言われているからです。
そして、ミネラルウォーターはかなり安全な水であると言われている結果です。

では、実際のところはどうなのでしょうか。
本当に水道水は危険なのでしょうか。

基本的に日本は安全性に関する基準がかなり厳しいです。
したがって、水道水に関しても、それを飲んだからといってすぐ人体に悪い影響を与えてしまうという状況は考えにくいです。
ただし、一部の水が汚い地域の場合は、たとえきれいに殺菌された水道水であったとしても、危険性があると考えられる場合があるようです。

また、水道水は水道管を通して運ばれます。
また、マンションなどでは貯水タンクに一度貯めて、そこから各部屋へと水道水を運びます。
もし、水道管や貯水タンクが汚れていた場合には、そのまま水道水を飲んでしまうと、健康に悪影響が出てしまう可能性があるのです。
浄水場で殺菌した段階ではキレイな水だったとしても、家庭に運び込まれる間に汚染される可能性はあるのです。

その点、ミネラルウォーターに関しては、安全性は保証されています。
採水してから、家庭に運び込まれるまでの間に汚染をされるような可能性はほとんどありません。
安全な水を飲みたいならばミネラルウォーターの方が無難であるといえます。


生命活動に必要不可欠
Copyright (C) 生活の必需品 All Rights Reserved.